全身の健康はお口の健康からはじまります。一生自分の歯でよく噛んで、笑いながらおいしく食事を食べることは、栄養をきちんと摂るだけでなく、心の健康にもつながり人生を楽しくします。お口の中に膿が溜まっていると、糖尿病、腎・虚血性心疾患が悪化することもわかっています。妊婦さんでは早産のリスクがあがります。さらには、お口の中のばい菌が認知症を起こす原因の1つであることも明らかとなりつつあります

 このように、私たちが歳を重ねるほどに、お口の健康はますます重要になってきます。自分ではなかなか気づきませんが、歯ぐきや顎の骨の中に膿が溜まっていることは少なくありません。定期的なチェックは大切です

 私たちは、みなさまがお口を健康に保ち、健やかな毎日を過ごせるよう、微力ながら力になりたいと思っています

Our dentists
FDC.jpg
院 長

米国歯科医師免許

米国歯周病専門医

米国インプラント外科専門医

日本臨床歯周病学会歯周病認定医

日本補綴歯科学会専門医・指導医

歯学士 北海道大学

博士 東京医科歯科大学

M.S. ミシガン大学

2007-2015 ミシガン大学歯学部 助教授

2016-2020 福岡歯科大学歯学部 教授

Cinthia_adjusted.JPG
博士(歯学) 山下 潤朗

北海道大学を卒業後,東京医科歯科大学で臨床経験を積み,東京医科歯科大学大学院を修了.1998年に渡米し,ベイラー歯科大学,テキサス大学で基礎研究に励み,2001年から米国ミシガン大学で歯周病専門医のトレーニングを受ける.2004年にミシガン大学大学院を修了し,アメリカの歯科医師免許と歯周病/インプラント外科専門医の資格を取得.その後,ミシガン大学歯学部で教育・臨床・研究に携わる.2016年に帰国,福岡歯科大学で教授職を務め,2021年に岡山ヒルトップ歯科を開院

DSC_0517.JPG

院長は,歯周病治療,歯周再生治療,インプラント治療,ガミースマイル治療を中心に世界最先端の歯科治療トレーニングを受けており,ビスフォスフォネート製剤の使用でおこる「顎骨壊死」の治療に精通している

研究では,副甲状腺ホルモンを使った顎骨再生療法の確立,骨吸収抑制剤に関連しておこる顎骨壊死の病態解明において世界をリードする研究成果を報告し,多くの学術賞を受賞している

Hokudai_edited.jpg
tmd.png
Baylor.png
UTHSCSA.jpg
200px-Umichigan_color_seal.png
MDHHS.png
AbP.png
hotetsu.png
JACP.png
OHD_0050_result.jpg
Picture2.jpg

岡山大学 名誉教授
大阪歯科大学 名誉客員教授
国際顎頭蓋機能学会 元会長

国際顎頭蓋機能学会日本部会 元会長

日本補綴歯科学会 名誉会員
日本顎関節学会 名誉会員
国際歯周内科学研究会 名誉会員
日本接着歯学会 終身認定医

平成28年度 岡山県文化賞 受賞

IMG_5140.JPG
歯学博士 山下 敦

私は大阪歯科大学を昭和33年に卒業後、「歯科診療」と「歯学生の教育」に従事してまいりました。そして、患者さんの治療をしていくうちに、ムシ歯や歯周病(歯槽のう漏)になってしまってから治療するよりも、ムシ歯や歯周病に罹らないようにする「予防」が大切なことと、治療した歯を長もちさせるには、できるだけ「健康な歯を削らない」ことが重要であるとの結論に至りました。以後、「歯をあまり削らない治療法の開発」と「ムシ歯と歯周病の予防法」の2つに焦点を合わしました

昭和56年岡山大学歯学部歯科補綴学第1講座(義歯講座)の初代主任教授として赴任し、「歯をあまり削らない」治療法である接着ブリッジを開発し、旧厚生省から「高度先進医療」の認可を受けました(昭和62年)。また、ムシ歯予防に関係する「唾液検査」に関する研究も続けてきました。最近では、歯周病が薬で治る驚異的な治療法をはじめました

岡山ヒルトップ歯科では、私の専門の義歯(総入れ歯、部分入れ歯、接着ブリッジ)、顎関節の病気(顎関節症)、噛み合せ(咬合)の治療は勿論のこと、最新のインプラント義歯、ムシ歯予防のための「唾液検査」、ムシ歯菌の除菌治療や歯周病の原因菌を取り除く新しい「内科的歯周治療」等『患者さんの利益を最優先した患者さんのための診療』を行っています。 御存知のように『優れた医者は、最高の知識と最高の技術』に加え『最高の設備』を兼ね備えなくてはなりません。当院はこの3つが完全に備わっています。安心してご来院、ご受診ください